家具 運送 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミの処分方法

引越し 粗大ゴミ

 

いらない家具や家電はありませんか?
大きな家財を処分する場合は、家電リサイクル法で定められた電化製品以外は「粗大ごみ」となります。
粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。

 

さて、家電リサイクル法で定められた家電というのは「エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機」です。
これらを処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

そしてリサイクルするには、リサイクル料がかかります。
もしこれらの家電を買ったお店が近くにない場合やすでに廃業してしまっている場合など困った時は、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。

 

ほかの一般的な粗大ごみは、どうやって処分すればいいのでしょう?
多くの自治体で行われている方法を記載します。

 

処分方法にはA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2通りあります。

 

Aの方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収に来てもらえる日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで販売している「粗大ごみシール」を買います。シールの値段は粗大ごみの種類によって違います。

 

このシールを粗大ごみに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば、専門業者が回収に来てくれます。
シールは粗大ごみの回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話で予約が必要です。処分に少し手間がかかるので予約制なのです。
電話で捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れないように先にメモを作っておくと便利です。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
自分で持っていく場合は、ごみシールを貼る必要はありません。