家具 運送 安い

家具の運送が安いのがどこかすぐにわかる

家具 運送

 

家具 運搬

 

家具 配送

 

家具 運ぶ

 

家具 輸送

 

家具 郵送

 

家具 運送費用

 

家具の運送をお考えですか?

 

模様替えをしたい、2階に移動したい、引っ越しで新居に運送したい。
さまざまな理由がありますが、家具の移動は引っ越し業者が請け負ってくれるのをご存知ですか?

 

家具の移動をサービスにしている引っ越し業者もたくさんあります。
家具の運送が安い依頼先を探すなら、一括見積もりサイトがオススメです。

 

家具 配送料

 

情報を1回入力するだけで、あなたのお住いの地域にある複数の引っ越し業者から見積もりが取れる便利なサイトです。
料金を比較できるので、1番安い業者を探すのも簡単です。

 

簡単便利なのはもちろん、見積もりは無料ですので、ぜひ上手に活用してくださいね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越し業者の繁忙期と費用の関係

 

繁忙期 引越し

 

引越し業者には繁忙期があります。
繁忙期とは1年で一番忙しい時期のことで、引越し業者の繁忙期は3月です。

 

なぜ3月が繁忙期なのかというと、4月の新学期を目指して一斉に人が移動する時期だからです。
大学に合格した新大学生が学校の近くに一人暮らしをしたり、就職活動を終えた学生が寮に引越ししたりします。

 

また日本の企業は日本全国に支店がある会社も多く、春と秋に大規模な人事異動があります。
さらに春の人事異動で転勤になったサラリーマン家族の引越しや、単身赴任のサラリーマンの引越しに加えて普通の引越しもあります。

 

3月に引越しをする理由がこれだけ集中するわけですから、繁忙期は日本全国どこの引越し業者も大忙しです。

 

予約が一杯で仕事をこなせない火もあるので、依頼を断られることもあり得るのです。
引越し業者も繁忙期はスタッフを増員したり、残業になることも多いので引越し業者もこの時期の引越し費用を通常期よりも高く設定しています。

 

もし繁忙期に引越しをしなければならないなら、新居が決まったらすぐに見積もりを依頼して引越し業者をおさえておきましょう。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し 安い 条件

 

引越しにはいろいろなお金がかかりますから、せめて引越し業者にかかる費用は安い方が嬉しいと思いませんか?
それならまず、引越し日の条件などの見直しを考えてみましょう。

 

まずは引越し費用は荷物の量が多い方が高くなりますから、不用品は引越しの前に処分しましょう。
不用品を新居に運び入れる費用ほど無駄で、もったいないものはありません。

 

次に引越しする曜日ですが、平日が断然オススメです。
土日祝日はどうしても予約が多めになるので、平日ほどの割引ができません。

 

そして午前と午後では、午前の方が人気です。
午前中に荷物を新居に搬入して、午後から荷解きしたい人の方が多いので午後はどちらかというと不人気となるのです。

 

それに午後便は引越し業者が前の仕事が押して遅れることも多いため、結果的に何時に来るかわからないこともあります。
しかしその不確かな分、午後便には割引があるのです。
また時間指定をしないフリー便も割引が多いのでオススメです。

 

さて長距離の引越しはお金がとにかくかかります。
もし単身者であれば、引越しパック便や混載便が費用が安いのでオススメです。

 

ファミリーであれば、やはり一括見積もりで複数の引越し業者を比較するのがオススメです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの手順をだいたい把握しておくと無駄な動きがないのでオススメです。

 

引越し業者への見積もり依頼ですが、新居が決まってからでないと正確な金額が出せないため見積もり出来ません。
引越し業者への見積もりのタイミングは新居が決まったらすぐが良いです。
安くて条件の良い引越し業者ほど予約が埋まるので、準備が遅いと損をするかもしれません。

 

荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。季節外れの洋服や普段使っていないものからどんどん梱包しましょう。
もし不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越しの前に処分してくださいね。

 

引越しの2週間前から転出届を出すことが出来ます。転出届は市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて精算の手配をしてもらいます。
もし同じ市内での引越しであれば、同じ会社で引越し日からは新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

引越しによって郵便物が届かなくなるのは困りますね。
最寄りの郵便局で転居届を出せば、1年間だけ新居に転送してくれますのでその間に各所に住所変更を伝えてください。

 

さていよいよ引越しですが、荷物の運搬は引越し業者にお任せしましょう。家財の配置は指示してくださいね。
ただ、いくつかは自分で運ばなければならない荷物があります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越しと立ち合い見積もり

 

家具の移動と立ち合い見積もり

 

引越しの際に見積もりを取りますよね。
できるだけ正確な料金を知りたいのであれば、やはり訪問見積もりがオススメです。

 

 

なぜなら引越し料金にはいろいろな要素が組み合わされているので、一人暮らしの引越し●●万円だとか家族の引越し〇〇万円といった価格表示ができないのです。
物件の廊下の幅やエレベーターの有無、トラックを横付けできる場所などは実際に目で確認してみないと分からないからです。
ネットで見積もりは簡単で便利なのですが、当日になって困ることもあります。
トラブル回避のためにも、出来れば訪問見積もりを予定しておくといいです。

 

冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電は、場合によっては廊下や玄関から運び出せないことがあります。
そんなときはベランダから吊り上げたり、クレーンを用意しなければなりません。
事前にわかっているのとそうでないのとでは、対応にも費用にも差が生じます。

 

わざわざ来てもらうのは申し訳ないとか、部屋を掃除しないといけないので面倒とかいろいろあると思いますが、訪問見積もりで引越しトラブルが減らせるならいいと思いませんか?

 

 

引越し用のダンボールの集め方

 

引越し ダンボール

 

引越し用のダンボール、どうやって調達しているのでしょう?

 

まず引越し業者と契約したら、最初にダンボールを大量にプレゼントしてくれます。
貰えるダンボールの数は業者によって異なりますが、数十個単位でかなり大量にもらえます。

 

これで足りればいいのですが、そうもいかないこともあります。

 

もともと荷物の多いご家庭や、家族が多くて洋服g多いご家庭ですとたとえ50個でも足りないこともあります。

 

足りなかった場合は、どこかから調達する必要があります。
以前であれば、スーパーで貰うことができましたが今は事情が違います。

 

エコバッグの普及でレジ袋が有料化となったため、ダンボールがお客さんへの無料サービスとしてお店の中に置かれるようになったのです。
そして大量の持ち帰り、お断りという注意書きがなされるように。

 

1人で大量に持ち帰られると店内にダンボールを補充する人の負担が大きくなるので、お店側も苦肉の策なのです。
もしスーパーで貰えない場合は、近所のドラックストアでも聞いてみましょう。

 

どうしても貰えなかった場合は、引越し業者に連絡して有料で追加購入するかネットやホームセンターなどで買いましょう。
ダンボールは大きい物ではなく持ち運びやすく素材が丈夫なものがオススメです。